全てが停止してしまった東日本大震災では、情報の有無が多くの人々の生死を分けたことだろう。事前に得ていた情報によって救われた命があった一方で、その情報によって命を落とした人もいただろう。

直後に、情報があれば救えた命もたくさんあったに違いない。
私たち現代人は、情報に命を託している。
情報がないと行動が遅れる。

しかし、あのような大規模災害が発生したなら、情報を待つ前に、想像力を働かせ、自ら行動しなければならない。

リアス・アーク美術館 常設展示解説文より抜粋

特務機関ネルフ防災 利用者に最適な防災情報を国内最速レベルで配信

Apple Store アイコン Google Play アイコン ダウンロード用二次元コード

ユニバーサルデザインを目指して
すべての人のための
アクセシビリティ機能

アプリのインターフェイスをユーザーに合わせて調整できるようになりました。
色覚特性(※1)に合わせた配色、視覚過敏(※2)やロービジョンに合わせたコントラスト、文字サイズや文字の太さの調整、ボイスオーバーに最適化したレイアウトを設定できます。
詳しくはアクセシビリティ機能のページをお読みください。

※1. 色覚特性とは目の特性のひとつで、色を識別する視細胞(錐体細胞)の認識・識別が多数派と異なるタイプのことを指します。C型(一般色覚)、P/D型(赤/緑色覚異常)、T型(青色覚異常)、A型(全色覚異常)があります。
※2. 視覚過敏とは目の感覚過敏のことで、明るさ・色に対する過敏があります。太陽の光が眩しくて目を開けていられなかったり、原色など特定の色や組み合わせによって直視できないなどの症状があります。

  • ライトテーマの緊急地震速報
  • ライトテーマの雨雲レーダー画面
  • ライトテーマの津波情報
  • ライトテーマの配色設定画面
  • ライトテーマの浸水害の危険度分布
  • ライトテーマの天気分布予報
  • ライトテーマの気象警報・注意報画面
ライトテーマに対応しました ライトテーマに対応しました

特務機関NERV防災アプリは、地震・津波・噴火の速報や土砂災害・浸水害・洪水害の危険度といった防災気象情報を、利用者の現在地や登録地点に基づき最適化して配信するスマートフォン用サービスです。 被害が予想される地域に居住する方や訪問者等が的確に状況を認識し、迅速な判断・行動が取れるよう補助する目的で開発されました。

提供する防災気象情報は、気象業務支援センター(気象庁本庁舎および大阪管区気象台内)と接続した専用線からダイレクトに受け取ることで情報の信頼性を担保し、当社が独自に開発した技術により国内最速レベルの情報配信を実現しています。

様々な防災情報を
一つのアプリで

現在地の震度予想と主要動の到達をカウントダウンするリアルタイムな緊急地震速報、地震・津波・噴火の速報、気象警報・注意報、土砂災害・浸水害・洪水害キキクル、雨雲レーダー、アメダス、天気予報、台風進路、降灰予報、積雪深、さらにはJアラート(国民保護情報)やダム放流通知まで、一つのアプリで様々な防災情報を受信できます。画面に表示された地図をタッチすることで、雨雲の様子や各地の震度を自由な縮尺で見ることができます。

利用者に最適な防災情報の提供

ホーム画面には、その時その場所で必要な情報を表示します。たとえば、地震があったときには、ホーム画面のパネルに自動的に地震情報が表示されます。同時に気象警報や土砂災害警戒情報が発表されているときも、情報の種類や経過時間、緊急度に応じてアプリが独自の優先度で情報を並び替えるため、災害時に刻一刻と変わる情報も、最新の情報を確認できます。

タイムライン画面では、過去3日分の現在地あるいは登録した地域にかかわる情報を時系列にみることができます。大雨による洪水や土砂災害が起こる前には、関連情報がたくさん出るため、タイムライン画面を見ることで状況が差し迫っていることを確認できます。

箱根町のホーム画面、全国のタイムラインの画面、地震情報の画面
特徴01

ひと目でわかるデザイン

防災気象情報と地図を統合し、ひと目で必要な情報がわかります。ホーム画面では、重要度に応じて自動的に情報が並び替えられます。

特徴02

日常的に使える

雨雲レーダーや天気予報、ほかにも、現在の気温や風速・風向(アメダス)、火山灰の降灰予報など、毎日の生活に役立つ情報を確認できます。

特徴03

広告も宣伝もありません

宣伝やお知らせなど不必要なプッシュ通知を送ることはありません。アプリ内に広告や、操作を邪魔するポップアップは一切ありません。防災に必要な情報だけをお届けしています。広告がない理由については、サポーターズクラブのご案内をお読みください。

特徴04

リアルタイムな情報更新

現在地の予想震度や到達までの秒数を表示するリアルタイムな緊急地震速報、画面を開いておくと自動更新する震度情報や津波情報、1分ごとに自動更新する落雷情報*など、更新頻度の高い情報もすぐに反映します。
* 落雷情報はサポーターズクラブのアーリーアクセスで提供中

重要な情報をプッシュ通知

端末の位置情報、防災情報の種類、緊急度等によって、通知音やバイブレーションを行わない静かな通知や、通常の通知、重大な通知を送り分けています。緊急度が高くない場合にはユーザーを邪魔しません。しかし、緊急度の高い情報では「重大な通知」でユーザーに危険が迫っていることを知らせます。緊急地震速報(警報)や津波警報などの通知はマナーモードやおやすみモードに設定中でも強制的に鳴動します。

※重大な通知が不要な場合は
[iPhone] iOSの設定画面から重大な通知を無効にできます。
[Android]Androidの設定画面(通知設定)から、「サイレントモードの例外」をOFFにすることで鳴動しなくなります。(Android 9.0 以降)

重大な通知を知らせるスマートフォンのホーム画面

サポーターズクラブのご案内

「特務機関 NERV 防災アプリ サポーターズクラブ」は、NERV防災アプリを大切に思ってくださるユーザーから月額で会費をいただくファンクラブ形式の制度です。入会によって、新機能をいち早く使用できる「アーリーアクセス」や、地点登録数の増加、さらに上位プランでは会員限定コンテンツへのアクセスなどの特典を提供します。

今後も安定的にサービスを継続していくこと、さらに開発体制を強化していくために、今回のサポーターズクラブ制度を発足させました。詳しくは、添付の「サポーターズクラブ設立趣意全文」をお読みいただけましたら幸いです。

プランのご案内

Eプラン月額250円
  • 登録地点を示すアイコン地点登録数の増加
  • 会員証のアイコンデジタル会員証
  • スマートフォンのアイコンアーリーアクセス
EEプラン月額480円
  • 登録地点を示すアイコン地点登録数の増加
  • 会員証のアイコンデジタル会員証
  • スマートフォンのアイコンアーリーアクセス
  • 資料のアイコン会員限定コンテンツ

防災啓発動画

制作の基本概念(コンセプト)は『自分自身へ向けた「自戒」のメッセージ』です。メインメッセージは、「この地で生きる以上、必ず備えてほしい」とし、私たちが突きつけられている課題が本動画のメッセージになっています。

声の出演:山寺宏一/企画制作:ゲヒルン株式会社/映像制作:mimoid inc.、杉山峻輔/音楽制作:パソコン音楽クラブ/協力:国土地理院

特務機関NERV災害対策車両 紹介動画
反省とは、未来を考えること

NERV災害対策車両は、PHEVという発電機能を備えたハイブリッド車で、事故や災害で長時間にわたる停電が発生したときでも、私たちの情報発信の活動を継続できるように配備されているものです。

胆振東部地震のようなブラックアウトが、万が一、首都圏で起こったときのことを想像すると、備えが不十分だったと後悔する無力な自分たちの姿が見えました。そういった想像が浮かんでくる以上、できる限りの備えを行いたいと思い、災害対策車両を運用しています。

声の出演:岩永哲哉(『エヴァンゲリオン』シリーズ 相田ケンスケ役)/企画制作:ゲヒルン株式会社/映像制作:mimoid inc.、杉山峻輔/音楽制作:パソコン音楽クラブ/MA:加藤宇騎(TREE Digital Studio)/アシスタント:桑田亜由子、道木幹太、中村祐太郎/協力:三菱自動車工業株式会社

全てが停止してしまった東日本大震災では、情報の有無が多くの人々の生死を分けたことだろう。事前に得ていた情報によって救われた命があった一方で、その情報によって命を落とした人もいただろう。

直後に、情報があれば救えた命もたくさんあったに違いない。
私たち現代人は、情報に命を託している。
情報がないと行動が遅れる。

しかし、あのような大規模災害が発生したなら、情報を待つ前に、想像力を働かせ、自ら行動しなければならない。

リアス・アーク美術館 常設展示解説文より抜粋

信頼性について

プライバシー

NERV防災アプリはユーザーのプライバシーとセキュリティを第一に考えています。ユーザー属性を取得することはありません。ユーザーの詳細な位置情報(緯度・経度)は、防災のためだけに使用しておりすべて端末内で計算・処理しているため、外部に送信することはありません。防災情報のプッシュ通知のために必要な現在地情報は、緯度経度を端末内で区域コード(おおよそ市区町村レベルの情報)に変換してから保存しています。位置情報の履歴を保存していないためユーザーの移動履歴が追跡されることはありません。

情報の信頼性

NERV防災アプリの緊急地震速報は、運用体制や設備、技術的適合性を審査され、気象庁長官から地震動の予報業務許可をうけて配信しています。キキクル通知サービスは、協力事業者として気象庁と共同開発したものです。このほか、アプリ内に表示している防災気象情報は、気象庁データをもとに独自に加工しています。地図は、国土地理院の地理院地図をもとに独自に作成しています。

システムの信頼性

NERV防災アプリの情報処理システムは、東京の気象庁本庁舎と大阪管区気象台にある気象業務支援センターのシステムと専用回線で接続されています。東京と大阪の複数のデータセンターに地理的冗長化されており、大規模災害のときにも処理を継続できるよう設計されています。

サポート情報

クエスチョンマーク

ご不明な点などありましたら
FAQページをご利用ください

これまでに寄せられた質問や、サポーターズクラブのご利用方法およびご解約方法などについて詳しく解説しています。また、Android機種をご利用の方向けに、重大な通知の設定方法も記載しています。

メールのアイコン

FAQページでも
問題が解決しない場合

これまでに寄せられた質問や、サポーターズクラブのご利用方法およびご解約方法などについて確認しても問題が解決しない場合は、お問い合わせフォームからお問い合わせください。※ 開発業務の傍らでサポート対応を行っている関係上、回答が遅れる場合があります。

プライバシーについて(※3)

原則として取得した位置情報・登録地域の情報は、防災情報の表示とプッシュ通知の送信にのみ使用します。アプリからサーバーに送信される位置情報は、アプリ内(クライアント側)で予め区域コードあるいはメッシュコードに変換してから、そのコードのみを送信するようになっています。つまり、ユーザーの詳細な位置座標を外部に送信しません。

バッテリー消費について(※4)

このアプリの位置情報の取得設定を「常に許可」にした場合、アプリは定期的に位置情報を取得しますが、常時位置情報を取得しているわけではなく、バッテリーの消費はごくわずかです。また、「低電力モード」が有効な場合には、電力消費を抑えるために位置情報を更新しなくなります。

ご要望・ご感想について

機能の追加・品質向上に関するご要望やご感想については、App Store あるいは Google Play Storeのレビュー機能をご利用ください。※お問い合わせフォームからご要望をお寄せいただきましても、ご回答差し上げない場合もございますことをご了承ください。

特務機関NERV防災アプリは、地震・津波・噴火・特別警報の速報や洪水や土砂災害といった防災気象情報を、利用者の現在地や登録地点に基づき最適化して配信するスマートフォン用サービスです。 被害が予想される地域に居住する方や訪問者等が的確に状況を認識し、迅速な判断・行動が取れるよう補助する目的で開発されました。

提供する防災気象情報は、気象業務支援センター(気象庁本庁舎および大阪管区気象台内)と接続した専用線からダイレクトに受け取ることで情報の信頼性を担保し、当社が独自に開発した技術により国内最速レベルの情報配信を実現しています。

※3. ゲヒルン株式会社は情報セキュリティ会社です。ユーザーのセキュリティやプライバシーを最も優先しています。このアプリではユーザーの情報を過度に収集しないよう細心の注意を払っています。

原則として取得した位置情報・登録地域の情報は、防災情報の表示とプッシュ通知の送信にのみ使用します。アプリからサーバーに送信される位置情報は、アプリ内(クライアント側)で予め区域コードあるいはメッシュコードに変換してから、そのコードのみを送信するようになっています。つまり、ユーザーの詳細な位置座標を外部に送信しません。区域コードはおおよそ市区町村単位と同等です。たとえば「東京都千代田区」にいる、という情報で千代田区内のどこにいるかは誰にも知られることはありません。また、サーバー側では過去の区域コードを保存しないため、移動の記録を追跡されることはありません。

インターネット上で転送されるデータはすべて暗号化されているうえ、サーバー側のデータベースにデータを保存する際にもディスクに書き込む前にすべてのデータを自動的に暗号化します。位置情報の許可を「許可しない」あるいは「Appの使用中のみ許可」にすると、サーバーから登録情報が削除されます。また、ユーザーがアプリをアンインストールすると、最後の通信からおよそ1ヶ月後にサーバーから登録情報が削除されます。

※4. 現在地に関連する防災情報を通知するには、[iPhoneの場合] 位置情報の取得を「常に許可」に設定し、「Appのバックグラウンド更新」を有効にする必要があります。[Androidの場合] 位置情報の取得を「常に許可」に設定する必要があります。
このアプリの位置情報の取得設定を「常に許可」にした場合、アプリは定期的に位置情報を取得しますが、常時位置情報を取得しているわけではなく、バッテリーの消費はごくわずかです。また、「低電力モード」が有効な場合には、電力消費を抑えるために位置情報を更新しなくなります。

  • 「特務機関NERV」の名称およびロゴマークは、『エヴァンゲリオン』シリーズの著作権者である株式会社カラーと、同作の権利を管理する株式会社グラウンドワークス:の許諾に基づき使用しています。
  • アプリに同梱している「AXIS Font」は、タイププロジェクト株式会社のライセンス使用許諾に基づき使用しています。
  • 本サイトに掲載している「リアス・アーク美術館 常設展示解説文」は、常設展示「東日本大震災の記録と津波の災害史」のキーワードパネル「情報」から引用し、リアス・アーク美術館の使用許諾に基づき使用しています。